« 2006J2#7 札幌3-0草津@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#8 神戸1-2札幌@神戸ウイングスタジアム »

05-06 UEFA Champions League Quarterfinal #2

AC Milan 3-1 Lyon(aggregate 3-1)
 リヨンは相手のミスに付け込めず、自分たちの3度の致命的ミスをことごとくミランにモノにされた。このレベルではこういったところが勝敗を分けてしまう。いくらゲームを支配しても、フットボールに判定勝ちはない。2試合を通して、取るべきところで取れなかった(取りに行かなかった)ツケを払うことになった。ミランはチームの格、経験値といったところから来るしたたかさで相手を上回ったが、それ以上のものを見せることはできなかった。

Villarreal 1-0 Inter(aggregate 2-2)
 番狂わせでも何でもない、スコア以上のビジャレアルの完勝。ソリン、タッキナルディの戻った中盤はモビリティを取り戻して一方的な支配力を発揮し、リケルメはインテルの守備陣の手に余った。インテルは猛烈なプレスで押し込んだ立ち上がりにアウェー・ゴールを奪えなかったことで勝機を失った。残りの70分間に彼らが勝てる要素は何一つなかったといっていい。返す返すも初戦で3点目を取りにいかなかったことが悔やまれる。
 
Barcelona 2-0 SL Benfica(aggregate 2-0)
 ベンフィカに勝機がなかったわけではない。前半からロングカウンター主体とはいえ何度か好機はあり、70分すぎぐらいからは中盤でのターンオーバーが相次いだが、攻めにかける人数が少な過ぎて攻め切れなかった。バルサはやや重心を後ろに残したような戦い方ではあったが、好機とみるや後方からでも次々と飛び込んでくる攻撃は迫力十分。決定機の数でも上回った。また守備陣もミッコリやシモンのスピードに対しては数的優位を保ちながら概ね落ち着いた対応を見せていた。
 
Juventus 0-0 Arsenal(aggregate 0-2)
 事ここに至っても、ユーヴェの攻め手はロングボール一辺倒。カルチョの世界では通用するのかもしれないが、外に出れば古色蒼然とした戦術にすぎない。人数はいたが有機的なコンビネーションは最後まで見られず、オフサイドを量産するのみ。ネドヴェドが消えた瞬間からは戦意すら喪失してしまった。アーセナルはロングボールやクロスを慎重にケアしながらアンリとセスクを軸に鋭利なカウンターを仕掛け、ブッフォンを脅かし続けた。この名GKがいなければユーヴェはさらなる醜態をさらしていたに違いない。

|

« 2006J2#7 札幌3-0草津@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#8 神戸1-2札幌@神戸ウイングスタジアム »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/9466134

この記事へのトラックバック一覧です: 05-06 UEFA Champions League Quarterfinal #2:

« 2006J2#7 札幌3-0草津@札幌ドーム | トップページ | 2006J2#8 神戸1-2札幌@神戸ウイングスタジアム »