« Football of Europe | トップページ | 05-06 UEFA Champions League 1st knockout round #1 »

宮崎キャンプ雑感

*関や芳賀のクロスの狙いどころや質が明らかに既存の選手と違う。受け手と感覚的な部分やタイミングが合ってくれば大きな武器になりそうだ。つまり、岡田や和波は出番を失う瀬戸際に追い込まれかねない、ということでもある。ポジションを守るためには何が必要なのか、何年間同じ課題を引きずっているのか、さすがに気が付くことだろう。それで彼らがステップを上がることができれば、本人にとってもチームにとっても万々歳だ。

*関、芳賀に加え大塚や藤田は優秀なプレースキッカーでもある。昨季までの砂川や鈴木が蹴るのと、彼らが蹴るのでは精度、球質などかなりの差があった。セットプレーで天を仰ぐ場面は減るのではなかろうか。

*その鈴木。ミドルの外し方が昨季と何も変わっていない。他の選手からは外しても意図が感じられるが、彼はコースを狙っている風でもなく、ただ蹴っているだけにしか見えなかった。豪快な柵越えの連発が見られるのは青島や日南だけで十分だ。もっと考えて蹴ってほしい。

*総じて、新しい選手たちの質は高いようだ。これで既存の選手があっさり抜かれるのではなく、競い合う構図ができれば大幅な底上げが達成され、チームとしての厚みが増すことになる。逆にそれができなければ使える選手の質は上がっても量は増えてこない。昨季の轍を踏みかねない、ということになる。そうならないためには、全ての選手が「ポジションは奪うものである」という気概を持ち、それを表現すること。健全かつ激しい競争が発生すれば、自ずとチーム全体のレベルアップが達成されるに違いない。

|

« Football of Europe | トップページ | 05-06 UEFA Champions League 1st knockout round #1 »

Consadole2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/8384835

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎キャンプ雑感:

« Football of Europe | トップページ | 05-06 UEFA Champions League 1st knockout round #1 »