« 2005J2#44 札幌2-1草津@札幌ドーム | トップページ | 05シーズン総括(柳下監督編) »

05シーズン総括(チーム編)

 今季の課題は、攻撃面にあった。チームとして明確なベクトルがある以上、本来であれば、シーズン当初からそれをできるか、やろうという意図が見えてもよかったはずだ。
 ところが、開幕からおよそ30試合、片鱗こそ見えるものの、大部分の時間でピッチ上に描かれたのは昨年同様、必要な時に必要な動きをせず、ボールを受けてからその次のプレーを探す姿だった。例えば、中盤の高い位置でターンオーバーできた時。ポジションに関わらず、最もいい位置にいる選手がスペースに向かって仕掛け、ボールを引き出す動きをすれば大きなチャンスをつくることができる。ところが、札幌の選手は数的優位の局面であっても、ボールホルダーの後方にたたずんでいるだけのことが多かった。
 視野の狭さに加え、リスクを冒すことを恐れる心があったのではないか。カバーリングがいないはずはない。後ろを信じて飛び出せばいいのに、やろうとしない。チャレンジがないところから、何かが生まれるはずもない。特に札幌のような突出した選手がいないチームの場合、人数をかけてコンビネーションで崩していかないとゴールは遠くなる一方だ。そういった状態でも結果が出た時期もあったが、その大半はセットプレーで得た得点を青息吐息で幸運にも助けられながら守り倒すようなもので、目指すべき「自ら動き出し、主導権を握るサッカー」には程遠い内容だった。
 やっと目指すものが形になってきたのは第4クール。キープ力とパス能力を兼ね備えた西谷という「触媒」を得てからだった。特定個人のキープ力が最大のリスクマネージメントである、というのはあまり望ましいことではないが、ともかくボールの収まり所が増えたことによって高い位置でのボール奪取から3人、4人とバイタルエリアを攻略しようと前に進んでいくような場面が見られるようになり、得点力も増した。こういったプレーをできるだけ長い時間、誰が出ても続けることができるようになれば、それだけ得点の可能性は高まり、失点する可能性は低くなるはずだ。
 ただ、今季の場合は手数をかけすぎたりペナルティエリア内の人数が揃わなかったり(もちろん、ラストパスの精度の低さもあったが)でせっかくの数的優位を生かしきれない場面が目立ったので、今後はその人数で的確な動き、コンビネーションを確立し、最短距離で決定機に結び付けていく作業が必要になってくるだろう。
 守備においては、前線、中盤からのプレスという部分は既に昨季には完成に近い形になっており、ここが機能していた試合ではほとんど崩される場面はなかった。そして、そうではなかったのは大量失点を喫したほんの数試合だけだった。
 ところが、その割には致命的な失点を数多く喫している。最終ラインに属人的なミスが多すぎたのだ。集中力の欠如に始まり、曖昧なマークやポジショニング、コミュニケーション不全、無駄なファウル。防げる失点は随分あったはずだ。裏返せば、こういった部分を克服できれば失点が劇的に減る可能性を秘めている、とも考えられる。
 また、42節の甲府戦に代表されるように、リードするとチーム全体が下がってしまう傾向が強い。札幌の守備は攻めるための守備であって、能力が高いとはいえない最終ラインが裸に近い状態で晒されることを想定したものではない。つまり、高い位置からのプレッシャーが消えることはとてつもないリスクを冒すことなのだが、何度痛い目に遭っても理解できないようだ。
 下がって守りたければラインを保ち、高い位置ではなくてもプレスをかけ、チャレンジ&カバーの関係ができていないとならないが、それができていたのは30節の甲府戦ただ1試合だったのではないか。ただ、その後の戦いぶりを見るに、この試合も偶然だったと判断せざるを得ない。目指すべき方法論ではないにせよ、こういった戦い方も勝つためのバリエーションとして持っておいても損はないはずだ。
 来季は結果を追求していくという。組織としては完成に近づいてきている。そのブラッシュアップに加えて、求められるのはやはり選手個々の質の向上ということになる。現有戦力の成長が見込めないのであれば、外から連れて来るしかない。今オフの大量解雇(つまり、その分補強が必要になる)は札幌というチームがプロの集団としてあるべき姿に近づきつつある、ということの証明だろう。正当な競争原理が働くことによってチーム全体の底上げにつながるような補強を望みたい。

|

« 2005J2#44 札幌2-1草津@札幌ドーム | トップページ | 05シーズン総括(柳下監督編) »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7471658

この記事へのトラックバック一覧です: 05シーズン総括(チーム編):

« 2005J2#44 札幌2-1草津@札幌ドーム | トップページ | 05シーズン総括(柳下監督編) »