« 05シーズン総括(MF編3) | トップページ | FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad »

05シーズン総括(FW編)

#9 堀井岳也
 確かにフィジカルはフィットしていたようで動き自体に切れはあったが、それが発揮されるのはフォアチェックの時ばかり。それでも開幕当初はシュートやスペースへの意識の高さが見えたが、いつの間にか元に戻ってしまった。質の低さを量でカバーするタイプの選手が勤勉さを失ってしまっては、骨折がなくてもレギュラーを外されるのは時間の問題だっただろう。

#11 相川進也
 起点にもなれるしチャンスメークも裏へ抜ける動きもできる。プレーの質について特に問題はないが、決定機を外し過ぎた。コースを狙う余裕まであるのだから、単純に精度の問題だ。また、開幕当初のコンディションがあまりに悪く出場機会を得られなかったことで中山と堀井の組み合わせがファーストチョイスとなり、攻撃の流れを停滞させる遠因となった。自らが不可欠な存在である、という自覚を持って、来季は開幕から働けるようなトレーニングをしてほしい。

#13 中山元気
 守備にまで走り回ることを厭わない勤勉さには敬意を表するが、その心の何分の一かでもゴールを狙うこと、前を向いてプレーすることに傾けてほしかった。常に後ろ向きでボールを受けて、前が空いてもパス、では怖くも何ともない。また、身長があるのでロングボールのターゲットになることも多かったが、体の使い方やジャンプのタイミングが全くなっていないため10センチも背が低い選手にまでほとんど勝てない始末。競れない、シュートも下手、そもそも打とうとすらしない、ではFW失格である。いくらフリーランニングをした、ニアでつぶれた、といっても最終的な評価はゴールで決まる、ということを肝に銘じて基本からやり直してほしい。

#17 清野智秋
 コンタクトを受ければ簡単に倒れ、ボールを持てばあっさり失う。第3クールまでは当然のように戦力外同然だったが、引いて起点になる動きを最小限に抑えて裏を狙うこととボックス内で勝負することに専念しだした最後に大爆発した。元々瞬間的な速さやボールをインパクトする技術はあったので、それを最も有効に発揮できるプレースタイルを見つけたということだろう。結果が自信を呼び、自信が結果を呼ぶ。そうなると面白いものでポストに入ってもびくともしなくなり、ボールも失わなくなった。これが一時の好調で終わるのか、来季も続けられるかは彼自身の自覚にかかっている。

#25 石井謙伍
 前を向いて仕掛けることができ、シュートの意識も技術も高い。FWとして必要な動きにも問題はなく、実際に試合でも自分の形に持ち込めれば十分に相手を混乱させるだけのプレーはしていた。ただ、ボールしか見ていないことが多く、周りとの連携は今ひとつ。独力突破で完結させるまでの力量はない以上、周囲を生かして自分も生きるようなプレーを身につけなくてはいけない。何度もGKとの1対1を外したのは精神的なものだろう。最終戦でのゴールが良薬になるか。

#30 デルリス
 今まで本能だけでやってきたところに規律や戦術を突きつけられ、何とかこなそうとしても咀嚼しきれずに混乱しているうちにシーズンが終わってしまった印象。本来は引いて触ってゴール前で勝負したいタイプのはずだが、無謀なロングボールを追いかけさせられ、サポートにも恵まれず強引に前を向こうとしてボールを失うことの繰り返し。ボックス内に入ることすらかなわないままレギュラーの座を失った。周囲が特性を理解した配球やサポートを全くしなかった不運もあったが、本人の適応力に難があったのも事実だ。

|

« 05シーズン総括(MF編3) | トップページ | FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7487284

この記事へのトラックバック一覧です: 05シーズン総括(FW編):

» J2を観戦し応援するということ [大池だより ]
柏レイソル、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸の3クラブを温かく見守り後押しする皆さん。 J2ワールドへようこそ♪ J2は、年間4試合総当り。     やり直しがきいて相当長く楽しめます。 J2は、落選のない選挙で全員当選確実。     J2には下のリーグとの入れ替え戦も降格もありません。 J2は、戦術オタクの指揮官が戦うステージ。     個に優れた選手はスグに引き抜かれてしまいます。 J2は、リーグ戦だけに集中できます。     ナビスコも代表戦も他の世界。天皇杯は控えの腕ためし。 J... [続きを読む]

受信: 2005年12月17日 (土) 14時08分

« 05シーズン総括(MF編3) | トップページ | FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad »