« FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad | トップページ | Football of Europe »

FIFA Club World Championship2005 Final:Sao Paulo FC 1-0 Liverpool FC

 リヴァプールにとっては、ハードラックだった。内容自体はここ10試合ぐらいの好調さをそのまま持ち込んできたようで、少ないタッチ数でピッチの横幅いっぱいにボールを動かしながら、必要なスペースに必要なタイミングで選手が入ってくる。後方からの攻撃参加がやや物足りなかったとはいえ前線の4人だけでも迫力は十分で、決定機はつくったがゴールだけが足りなかった。何をやってもうまくいかない試合というのはあるが、その日がここに当たってしまった、ということだろう。
 かといってサンパウロに勝者たる資格がなかったわけではない。立ち上がりからリヴァプールのバイタルエリアの守備が甘い部分を執拗に狙い、修正される前に得点を挙げる。その後は守備的になってボールこそ支配されていたが、肝心なところではパスコースを消し、シュートはブロックする。最終ラインの、すべきことを高いレベルで確実にこなす堅実さが目立った。もちろん、このレベルの相手に下がってプレーしている以上、何度かは破られる場面があったが、今度はホジェリオ・セニが立ちはだかった。
 双方とも相当にタイトなプレッシングや前でインターセプトを狙うディフェンスを行っていたにもかかわらず、ボールの受け方、持ち方、判断の的確さがそうは見せない。そして味方が正しい場所、タイミングでボールを引き出していく。しかも、一つ一つのプレーに無駄なミスがないため、ほとんど流れが切れることがないまま緊迫感あるゲームが最後まで続いた。「世界」の名を冠するにふさわしい内容だったのではないだろうか。
toyota

|

« FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad | トップページ | Football of Europe »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7688087

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA Club World Championship2005 Final:Sao Paulo FC 1-0 Liverpool FC:

« FIFA Club World Championship2005 Match for 3rd place:Deportivo Saprissa 3-2 Al Ittihad | トップページ | Football of Europe »