« 2004シーズン総括(MF編3) | トップページ | 04-05 Liga Espanola#18 »

2004シーズン総括(FW編)

FW#9 堀井岳也
終盤戦まで、走らない、打たない、競らない、無駄なファウルは犯す、といない方がマシなような状態。それ以降はフォアチェックはするようになり、体を張る場面も出てきたが、ゴール前で役に立たない、ないしは存在しないという点において大きく変わるところはなかった。FWがこれだけ試合に出ておいてプロ相手には1得点では、何を言われても反論の余地はない。
FW#11 相川進也
トップ下を務めている間は攻撃の起点として働くとともにファーに潜り込む動きを多用して貴重なゴールも挙げるなど万能型の面目躍如たる働き。トップとしても基準点としてはそれなりのプレーを見せたが、点を取るための動きが物足りない。ファーのマークが甘いことに味をしめたのか、(クロスが入ってこないのはあるにせよ)ニアで勝負する姿勢が薄れているような気がする。森山や中山、ひいては自分の高校時代をもう少し思い出してほしい。
FW#13 新居辰基
三原の速いクロスをニアで合わせるスーパーゴールでシーズンの幕を開け、サイドもこなすなど期待も大きかったようでいよいよ開花かと思わせるシーズンを送っていた。芽を摘んだのは自分自身。鳥栖が獲得するそうだが、人としてあるまじき行為を犯したわけで、過去の例を見ても謹慎期間として半年というのは短過ぎるような気はする。
FW#23 斉川雄介
独特のリズムのドリブルを持っているが、わかったのはそれだけ。出てきたと思ったらまた故障。フィジカルを鍛える間もなかったに違いない。まず1年間戦える体作りから。
FW#28 清野智秋
プロの試合にこれだけ出たことのなかった疲れが出たのか後半戦はノーゴールで、一時期はチャージを受けるや否やボールを手放してみたり、存在感を完璧に消し去ってみたりと普通なら出場機会を失うところだったが、物理的に試合に出られるFWが3人しかいないのでは使わざるを得ない。結果的にリーグ戦+天皇杯の全試合に出場することができたという事実は大きかったのではないか。シュート力やスピードなど、札幌のFWの中では抜けたものを持っているので、それをシーズン通して発揮する足がかりにしてほしい。

|

« 2004シーズン総括(MF編3) | トップページ | 04-05 Liga Espanola#18 »

Consadole2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7271095

この記事へのトラックバック一覧です: 2004シーズン総括(FW編):

« 2004シーズン総括(MF編3) | トップページ | 04-05 Liga Espanola#18 »