« 2005J2#12 札幌2-0水戸@厚別公園競技場 | トップページ | 2005J2#13 湘南0-3札幌@平塚競技場 »

練習試合 札幌2-0道都大学

*グループ戦術がどこかへ消滅していた。大半のプレーで、関与するのは2人まで。連動性はほとんど見られなかった。パス&ゴー、アタック&カバーの関係など、ほとんどの選手が必要な動きを全くしていないのではチームが機能するはずはない。
*そんな中で役割を果たしていたのは相川と金子。相川は斜めや縦の動きでスペースを突いてボールを引き出し、得意の逃げる動きから得点も挙げた。金子は砂川ほどの打開力こそないがオフ・ザ・ボールの動きの質が高く、オーバーラップやインナーラップを繰り返して相手を崩そうとしていた。同サイドの徐がもう少しまともならば…。
*その徐。下がり過ぎ、上がりっ放しとポジショニングが滅茶苦茶。ボールがある場面、ない場面とも状況判断が全くできておらず、自分のサイドに攻守ともに大穴をあけた。使うのはギャンブルと言いたいところだが、リターンが見込めないのではギャンブルにすらならない。
*相手陣内深くでボールを失ったとたんに、2人まとめてサイドバックの位置まで退却する前半の(レギュラー組と目される)両サイド。おかげで中盤が3枚になってプレスが全くかからず、やすやすとボールを危ない位置まで運ばれていた。当然、攻撃に移る時も的確なサポートができずじまいで、サイドアタックが全く機能しなかった。後半の両サイドの方が、逆サイドの動向を見ながらポジションを取る、ということができていた。
*相変わらずボールが全く収まらない中山。清野のような軟弱さはないが、技術が足りないため、簡単にボールを失うという点ではそう変わりはない結果になる。ただ、急に巧くなるはずもないので、素早く、的確なサポートが必要になってくる。
*池内と曽田には依然としてかなりの差がある。全体を見渡したコーチングやフィードができる選手が入っただけで、急造と思われる後半のチームに一本筋が通った。西澤についても、徐の位置取りを修正しようともしていなかったが、いるべき位置に前方の選手がいないと苦しくなるのは自分。もう少し声を出すべきではないか。

|

« 2005J2#12 札幌2-0水戸@厚別公園競技場 | トップページ | 2005J2#13 湘南0-3札幌@平塚競技場 »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7272022

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 札幌2-0道都大学:

« 2005J2#12 札幌2-0水戸@厚別公園競技場 | トップページ | 2005J2#13 湘南0-3札幌@平塚競技場 »