« 2004J2#41 札幌1-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2004J2#42 川崎2-0札幌@等々力陸上競技場 »

第84回天皇杯4回戦 札幌2v-1市原@室蘭市入江運動公園陸上競技場

 市原といえば、「追い越す」チームというイメージがある。昨シーズン、チェ・ヨンスにボールが入るや否や後列から2人、3人と背後のスペースに飛び出して相手ディフェンスをズタズタにしまくったのは記憶に新しいところだ。
 ところが、この日の市原は(今季を通してかもしれないが)クサビのパスをほとんど用いずに後方からじっくり回しながらビルドアップを行ってきた。これは札幌にとっては好都合なことで、回している間にスペースを埋めてしまえる。もちろん、J1で上位に位置するチームだけあって選手間の距離や位置取りが適切で、誰かがボールを持つと3つも4つもパスコースが作られており、それを塞ぎ切るのは容易なことではない。従って立ち上がりの20分ぐらいは一方的にラインを下げられてしまい、サポートもないのにFW目がけて蹴ることの繰り返し。結果的には、サイドをうまく抑えたことと、藤ケ谷の好セーブでこの時間帯をゼロで凌ぎ切ったことが大きかった。その後は札幌のプレスが機能し始め、市原がボールを回せなくなってくる。それで奪ったボールを素早く裏のスペースへ供給しようという意思は見えるのだが、精度が伴わないためなかなかチャンスにはならない。
 市原の方も「こんなはずではない」と思ったのか、前半途中からはミリノビッチがほとんどのマイボール時に攻撃的MFの位置まで上がって攻撃に絡んでくる。もっとも、ミリノビッチが上がりっ放しで、カバーする坂本が下がりっ放しの状態になったためポジションチェンジの意味がほとんどなくなり、ミリノビッチ自体も遠い位置から精度の高くないミドルやクロスを撃つぐらいしか手がなかったため、さしたる脅威とはなっていなかった。
 後半に入ると、札幌が前半よりさらに高い位置でボールを奪えるようになり、相手ゴールに迫る。この時間帯以降、素早く縦に入れてボールサイドに人数をかけ、第2、第3の動きでフリーの選手を作るようなプレーができていた。これまでは縦に入れる段階でもたついてスペースを埋められていたわけで、一歩、理想形に近づいたといえるだろう。あとは精度とゴール前の人数を増やすことか。
 こうなると、市原の攻め手はこちらのミスばかり。もっとも、つなげるところでクリアしてみたり、ご丁寧に相手にパスしてみたりとミスは相当な数に上る。セットプレーを与える回数も増え、CKから警戒すべき1人である斉藤をなぜかフリーにしてしまい、そこに合わされてしまう。ただ、その時間帯には既に札幌が運動量でも球際の強さでも市原を凌駕しており、ボールを奪っては次から次へと相手陣内に押し寄せ、10分足らずで追いついてしまう。ところが残り10分、勢いに乗って2点目を取りにいくのかと思ったら逆に押し込まれ、立て続けに危ない場面を迎える。以前の試合でも似たようなことがあったが、得点すると安心でもしてしまうのだろうか。変に気持ちをリセットしないほうがいい結果が出るような気もするのだが…。
 延長に入るといきなりCKから決定機を迎え、その後も市原にサッカーをさせない。最後は相川が普段ならまずパスを選択するような角度からねじ込んで決着をつけた。このプレーに象徴されるように、この日はともかく向かっていく気持ちが前面に出ていた。気持ちがあれば足も動くのか、運動量も最後まで落ちなかった。「挑戦者」という精神状態があってのことかもしれないが、リーグ戦残り3試合、大分と対戦する5回戦、ひいては来季もこの姿勢を忘れずに臨んでほしい。

選手寸評
MF#2 岡田佑樹

 対面の村井をほぼ完璧に抑え込み、ミッションを完遂。村井に周囲を使う姿勢が乏しかったことも幸いしたとはいえ、1対1でも粘り強くスペースを消し、テクニックを発揮する機会を与えなかったことは特筆に価する。その分攻撃はいつもより控えめだったが、機を見て攻める姿勢は持ち続けていた。文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。
MF#8 砂川誠

 監督コメントによると「パスミスが多い」ということでの交代のようだが、もともとパスよりシャドー的な動きが持ち味の選手。チームの現状としてボランチのところでの組み立て能力が低いために彼に負担が集中しているのではないか。このような状態が続くのは監督、本人の両方にとって不幸なことなので、戦術上の問題があるのならきちんと解決しておいてほしい。「もっとできる」との思いから奮起を促しているのかもしれないが…。
FW#28 清野智秋

 倒れすぎ。体を張れないのだったらFWたる資格はない。鳥栖戦後、監督に「女の子みたい」とまで言われたのに何ら変わりのないプレーぶり。むしろ前週より悪化したか。突破力やシュート力などの長所を発揮しようという姿勢が薄れているように見えるのが気にかかる。

|

« 2004J2#41 札幌1-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2004J2#42 川崎2-0札幌@等々力陸上競技場 »

Consadole2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7270902

この記事へのトラックバック一覧です: 第84回天皇杯4回戦 札幌2v-1市原@室蘭市入江運動公園陸上競技場:

« 2004J2#41 札幌1-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2004J2#42 川崎2-0札幌@等々力陸上競技場 »