« 2005J2#16 札幌0-0徳島@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#17 福岡0-3札幌@博多の森球技場 »

2005JサテライトリーグAグループ 札幌2-2千葉@札幌ドームオープンアリーナ・サッカーステージ

*2トップと両サイドがゴールに向かってプレーしていた。前日の4人とと最も違った点はここ。もちろん、両サイドの桑原と藤田については攻撃的にプレーすることによって後ろに広大なスペースができるのだが、得点するためにはこの程度のリスクは問題視すべきではない。バランスが必要になってはくるが、他の選手がカバーすればいいだけのことだ。後述するが、千葉の冒すリスクに比べれば物の数ではない。少なくとも、見ている分にはこちらの方がはるかに楽しい。
*相手が攻めに来た途端にラインがズルズル下がって中盤が存在しなくなる。しかも最終ラインのマーキングが甘く、エリア内でフリーになる選手が続出する。特に権東のプレーの軽さたるや…。2点で済んだのは奇跡的だったといってもいい。確かに普段の相手とは迫力が全く違ったがそれで逃げたのでは商売にならない。ただ、最終ラインと中盤の距離は途中から修正されていた。ベンチからの指示か、自主的な判断かは分からないが、それができただけでも進歩ではある。
*点を取りたければこれぐらいしなければ。2点目を失った後の千葉の攻撃への人数のかけ方は数的不利を全く感じさせないもので、マイボールにするや否や7人がゴール前に殺到してくる。その分2人しかいない守備は手薄になり、再三カウンターからピンチを招いたが、何もしないで負けるのであれば点を取りに行って負けたほうがいい、ということなのだろう。これがオシム流に付き物のリスクなのか。
*そして羨ましいのはそういった思想が選手全員に浸透していること。誰か1人でも怖がる者がいれば成就するものもしなくなってしまう。自陣ゴール前でマイボールになっても8人ぐらいが突っ立ったままだった札幌の選手の臆病さ、状況判断の鈍さとは対照的だった。これはトップの選手にも共通する部分。札幌の選手はこの日の千葉から、恐れること、後ろを向くことからは何も生まれはしない、ということを教えられたのではないだろうか。今後に生かしてほしい部分だ。

|

« 2005J2#16 札幌0-0徳島@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#17 福岡0-3札幌@博多の森球技場 »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7272093

この記事へのトラックバック一覧です: 2005JサテライトリーグAグループ 札幌2-2千葉@札幌ドームオープンアリーナ・サッカーステージ:

« 2005J2#16 札幌0-0徳島@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#17 福岡0-3札幌@博多の森球技場 »