« 2005J2#1 甲府2-2札幌@山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 »

2005J2#2 札幌0-1鳥栖@札幌ドーム

 敗因は、間違いなく髙原だ。GKは出たら触らなくてはならない。その原則を無視したプレーを2試合も続けられてはたまったものではない。前週のレビューで「しばらく見守るしかないのか」と書いたが、180分のプレーぶりを見る限り、見守るレベルにすらない。ほかにも出るべきではないところで出てみたり、出るべきところで出なかったりと危ない場面が何回かあった。ひとつのミスが失点に直結するGKの場合、猶予期間はそう長くはない。2試合続けてあのテイタラクでは、失格の烙印を押さざるを得ない。試合勘以前の問題だ。「ほかに選択肢がない」とも書いたが、プロのレベルでこれより状況判断能力の低いGKは存在しないであろう、という観点においてこの発言も訂正しなくてはいけない。
 もっとも、まともに決定機すらつくれずに勝つことができなかった原因は何もしなかった攻撃陣にあることは明らかだ。漫然とダラダラ回しているだけで、引いた相手ディフェンスをどう崩そうか、という戦略性、何が何でも点を取るんだ、という姿勢、いずれもないのではお話にならない。具体的には、トップにボールが入ったときのサポートが遅く、ルーズボールも拾えない。前週同様、誰かが持っても動き出そうとすらせずにボーッと突っ立っている。そこには「アクション」も「ムービング」もない。こんなのはフットボールではない。監督の指示がなければ何もできないのか。そうであればとっとと荷物をまとめて故郷に帰るべきだ。
 結局、昨年と何も変わっていないということか。むしろ後退しているのではないか。頭も体も使っていない。技術もフィジカルも相手より劣っているのに気迫も感じられない。昨年1年間、最下位を独走しておいてなおこれだけテンションの低いプレーができるというのは、ある意味驚嘆に値する。平たく言えば、頭が悪い、ということだ。金を払って見に来ている客を馬鹿にしている。こんな奴らにプロを名乗る資格はない。いい加減にしてほしい。

選手寸評
MF#8 砂川誠
 消極的。サイドに逃げてばかりでゴールに向かおうという意識も低い。プレーも軽い。FWの惨状からして飛び出す動きやシュートが最も求められるポジションなのに、このザマでは存在意義がない。
FW#17 清野智秋
 軽い。体を張るでもなく、ゴール前に飛び込むでもなく、ポストプレーもほとんど全滅で、バタバタ倒れていただけ。昨年、監督に「女の子みたい」と言われた意味をいまだに理解していないようだ。

|

« 2005J2#1 甲府2-2札幌@山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7271323

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#2 札幌0-1鳥栖@札幌ドーム:

« 2005J2#1 甲府2-2札幌@山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 »