« 2005J2#34 札幌2-0徳島@厚別公園競技場 | トップページ | 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 »

2005J2#35 横浜FC1-1札幌@西が丘サッカー場

 攻撃的な姿勢を90分間貫いたことは素晴らしい。ただ、そこにはバランスも必要だ。立ち上がりから前節の勢いもあってか明らかに入れ込み過ぎで、前線に殺到しては単純ミスでボールを失い、サイドの裏側のスペースにロングボールを放り込まれてピンチを招いていた。横浜としてはプレスを避けて城のキープ力を最大限に生かすための策だったのだろう。マークがルーズだったわけではないが、競り合いでの技術ではやはり向こうに一日の長がある。そこでポイントをつくられて吉武、北村が絡んできた時にマークがずれ、何度かピンチを招いていた。
 もっとも、横浜が中盤で組み立ててきたときはプレスが機能し、何もさせていなかった。しかし、そこから攻撃に移るときに狭い地域で回そうとし過ぎてボールロストが多発したのは反省材料だ。もっと判断を速く、大きくボールを動かしても良かったのではないか。
 ベンチもミスを犯した。1つは後半の立ち上がり、いい形でボールを支配して攻めている時間帯に清野を代えたこと。清野のプレーが悪かったわけでもないし、さらに中山が入ったことによって攻撃の形が変わってしまい、リズムを失う原因になった。事実、失点したのはその直後だ。もう1つは加賀の見切り時を誤ったこと。前半からポジショニングが悪く、再三裏を狙われていたのに修正することもなく、失点も彼のサイドを破られたものだった。サスペンション前の岡田の調子やプレーの質を考えれば、交代を逡巡する理由はなかったはずだ。
 勝ち点1しか取れなかったことについては、決めるべきところで決めていれば-との思いはある。ただ、打つべき場面で横パスを選択するのとシュートを空振りするのとどっちがマシか、と考えれば答えは明らかだ。この2試合で見せた姿勢をあと9試合貫き通すことができれば、おのずと結果はついてくるのではないだろうか。

選手寸評 
MF#15 加賀健一
 攻撃では好プレーを再三見せたが、本文でも書いたように守備をお留守にしてはいけない。右サイドでのプレーが楽しいのは見ていても解るが、勢いに任せるだけではなく、もう少し目配りも欲しい。
MF#8 砂川誠
 西谷と左サイドのスペースをシェアし、攻撃を組み立てた。ここのところ影を潜めていた前線への飛び出しもあり、悪い内容ではなかったがプレーエリアが左に偏りすぎた感はある。また、クロスに飛び込むなど、ゴールに直結する動きも増やしてほしい。

|

« 2005J2#34 札幌2-0徳島@厚別公園競技場 | トップページ | 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7272708

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#35 横浜FC1-1札幌@西が丘サッカー場:

« 2005J2#34 札幌2-0徳島@厚別公園競技場 | トップページ | 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 »