« 2005J2#23 徳島1-1札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#25 草津1-2札幌@群馬県立敷島公園陸上競技場 »

2005J2#24 札幌1-2横浜FC@札幌ドーム

 何故、戦おうとしないのか。球際の争いで弱々しく尻餅をつくのは、常に赤いシャツだった。戦術だの戦略以前に、闘争心がないものに勝つ資格なぞあろうはずがない。ラッキーで入った1点だけで楽をして勝とうなんて、虫が良すぎる。フットボールを、観客を、なめているようにしか見えなかった。
 確かに、内容は徳島戦よりはマシだったかもしれない。少なくとも前半はサポートをしようという意思はあった。ただ、角度もタイミングも距離も出鱈目。これでは何もしていないのと同じだ。あれだけ練習で繰り返しやっていることの逆のことばかりするとは、札幌の選手の独創性も成長したものである。また、後列からスペースに飛び出す動きを誰もしていなかった。これでは引き気味の相手を崩せるわけがない。
 最終ラインは責められまい。中盤から前がフィルターどころがザルだったのだ。ボールをキープできず、奪うこともできない。しかも、奪われる場所が悪い。あれだけフリーの選手が次から次へと出てくる中、よく水際でしのいでいたと言うべきだろう。組み立ての面でも(当然のことではあるが)やたらと蹴らず、丁寧につないでいこう、という意思がみられた。
 そもそも、第2クールの好成績だって多分に偶然や幸運に助けられた面が大きかった。それでも、ここまで酷い内容が2試合続いたことはなかった。監督に言われた事すらまともにこなせない集団が、何か舞い上がっているように見える。昇格を意識するより、己のタスクを的確にこなすことをもう一度意識すべきだろう。

選手寸評
GK#1 林卓人
 致命的なミス。いくら遠い位置だったとはいえ、インプレーでボールに集中していなかったとあってはプレイヤーとして失格のそしりを受けたとしても反論の余地はあるまい。ここまで、そう多くはないが判断ミスが散見される。このポジションはそれが即失点につながるだけに、状況判断を磨いてほしい。
MF#7 和波智広
 所在不明。攻守ともにいるべき所におらず、何もしなかった。別にスーパーな働きを期待しているわけではないが、最低限の仕事ぐらいはしてほしい。

|

« 2005J2#23 徳島1-1札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#25 草津1-2札幌@群馬県立敷島公園陸上競技場 »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7272368

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#24 札幌1-2横浜FC@札幌ドーム:

« 2005J2#23 徳島1-1札幌@鳴門総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J2#25 草津1-2札幌@群馬県立敷島公園陸上競技場 »