« 2005J2#2 札幌0-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#4 札幌0-3仙台@札幌ドーム »

2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場

 これほどの得点が入ったのは、ひとえに草津のディフェンスが滅茶苦茶だったからだ。ゴール前でスクランブル状態になるや否やパニックに陥ってマークを外すのだから、開幕から大量失点を続けて食らっているのもうなずける。もっとも、それ以前に守備組織ができておらず、ラインを引いて1対1のDFに任せるような守り方のため、技術があったり組織的に攻めることができるチームを相手にした場合、もっと悲惨な目に遭うであろうことは容易に想像がつく。
 対照的に、攻撃面では中盤で少ないタッチ数で回して早めに前線に入れていく、という意図が見え、クロスにも常時2人以上が飛び込んでくる。もっと得点できてもおかしくなかったとも取れるが、練習通りと思われるプレーを容易にさせたのは札幌の守備である。過去2試合と違って中盤でボールホルダーに対して数的優位をつくるまではいくのだが、囲んでいるだけで誰もアタックに行かない。これではその周囲にスペースを与えているのと同じだ。しかも最終ラインにおいてすら同じことを繰り返すのだから、甲府戦でも鳥栖戦でも見たような形で崩され(自主的に崩れているというべきか)、次から次へとクロスを放り込まれる。跳ね返してもラインが下がっているのでセカンドボールをすべて拾われ、ミドルを浴びる。もう少し精度と動きのシンクロが草津にあれば結果は逆になっていてもまったく不思議ではなかった。
 札幌は前半から動きが悪く、中盤のプレスが機能していないため最終ラインも下がる。挙げ句の果てにセットプレーで集中を切らして失点する。前述の通り相手の守備が壊滅的だったのと、中山と堀井の関係がうまく行っていたことが得点につながったが、相変わらずボールを引き出す動きやスペースをつくる動きが存在しないためチームとしての組み立てができず、お世辞にも褒められた内容ではなかった。ところが、後半に入るとそれがさらに悪化する。プレスをかけようともせずズルズル下がり、逆風にもかかわらずマイボールは出鱈目に蹴るだけ。そこに珍妙な判定と風の計算もロクにできない髙原のキックが拍車をかける。無失点で済んだのは奇跡だと断言してもいい。それぐらい悲惨な内容だった。草津には失礼な言い方になるが、もう少し個力が高く、組織的なチーム(つまり、ほとんどの相手だ)が相手なら10点近く失っていたかもしれない。
 この試合、勝ち点3以外の収穫は何もない。とてもじゃないが、こんな内容が続くようでは1シーズン戦えない。レアル・マドリーのように偶然と幸運に頼って勝ち点を稼げるほど個の能力は高くないのだ。まさか、天皇杯で何か勘違いでもしたのか。そろそろ目を覚ましてもらわないと、今年も昨年と同じ思いをすることになるかもしれない。

選手寸評
FW#9 堀井岳也
 フィジカル・コンディションが良好なようで、当たり負けもしないし、遠くからでも打つ、シュートへの意識の高さは移籍以来最高ではないか。中山が競った裏に潜り込む動きも冴え、再三好機に絡んだ。2得点はプレーの内容からすれば正当な対価といっていい。特に2点目はプレシーズンからずっと狙っていたエリア角からのシュートが実を結んだもので、鮮やかだった。
FW#13 中山元気
 2人、3人と付かれる場面もあったが、ポストプレーはほぼ全勝で、堀井や砂川にいい形でボールを渡せていた。また、ボールが来なくなった後半は自陣に下がって精力的に守備をこなしていた。前にいても無駄な状況下にあっては、正しい判断だったのではないか。

|

« 2005J2#2 札幌0-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#4 札幌0-3仙台@札幌ドーム »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7271345

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場:

« 2005J2#2 札幌0-1鳥栖@札幌ドーム | トップページ | 2005J2#4 札幌0-3仙台@札幌ドーム »