« 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 | トップページ | 2005J1#3 横浜4-1新潟@日産スタジアム »

2005J2#4 札幌0-3仙台@札幌ドーム

 間違いないのは、負けるはずのないゲームだった、ということだ。特に前半の仙台は戦術も戦略も秩序も存在しない、というどこかの代表チームのような状態で、練習通りのプレーができたであろう札幌が一方的に支配する。問題は得点できなかったことで、プレスがなかったためか持ち過ぎてはつぶされ、クロス、セットプレーの精度も問題外。しかもゴール前でフリーで持っているのに見ているのはゴールではなく横の味方。人数をかけているだけでそこら中にスペースを与えてくれている相手を崩そうという工夫は見られず(監督に言われていることはできつつあるのだろうが、状況に応じたプレーの選択ができていない)、前半を折り返してしまう。
 一般的に、これだけ拙攻を繰り返せば流れは変わるものだが、この日の仙台にはその力もない。後半の立ち上がりからプレスをかけようという意図は見えたが、組織的なものではなく全く脅威ではない。怖いのは偶然のみ…というところでそれが起こってしまう。しかも、レッドカード付きだ。ただ、まだ51分。相手の出来を考えても、取り返すことはそう困難ではなかったはずだ。ところが、ベンチが迷走する。様子を見ることもせず、失点直後に砂川を曽田に交代。これによって2つのマイナスが生じた。攻撃の起点を失って中盤でのボールの収まりどころがなくなったことが1つ。もう1つは信頼度が著しく低い選手が最終ラインに入ったことによって周囲が自信を持ってプレーすることができなくなったこと。これによって全体を押し上げられなくなり、バタバタしているうちに恒例となりつつあるセットプレーでの集中切れで失点。これで精神的に切れてしまったため、それ以降は論評の対象とはなり得ない。
 精神的な弱さを指摘することは容易なのだが、そもそもこのチームが現在依拠しているものが練習による蓄積と特定の選手のリーダーシップであり、10人になって戦術を遂行できなくなった(まだ応用できるレベルにはない)上に後者の核である池内を失った以上、それを求めるのは酷であろう。彼らが一人前のプロであれば堂々と指弾できるのだが、そうではない以上は…ということだ。もちろん、それだけのクオリティーを持った選手がほとんど存在しないという事実はプロのチームとして恥ずべきことなのだが、いないものは仕方がない。これを糧として高い意識を持ってもらうほかあるまい。

選手寸評
MF#14 田畑昭宏
 中盤の選手としては致命的なレベルでボールスキルが稚拙。(今に始まったことではないが)彼のところで攻撃の流れが切れていた。守備面での貢献は大きいのだが、それが攻撃の局面で相殺されている。本人のためにもチームのためにもDFに戻すべきだ。
MF#10 三原廣樹
 大分コンディションは上がってきたようで1カ月前に比べれば動きもよくなり、彼らしい狙い所のパスも見られたが、まだミスが多い。混乱しているところに投入された点については同情すべきだが、それを割り引いても物足りない。トップフォームに戻るまでにはまだ時間がかかりそうだ。

|

« 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 | トップページ | 2005J1#3 横浜4-1新潟@日産スタジアム »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7271359

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#4 札幌0-3仙台@札幌ドーム:

« 2005J2#3 草津1-4札幌@群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場 | トップページ | 2005J1#3 横浜4-1新潟@日産スタジアム »