« 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J1#27 千葉2-2横浜M@フクダ電子アリーナ »

2005J2#36 湘南0-0札幌@平塚競技場

 間違いないのは、勝ち点3を奪った上で得失点差を大幅にリカバリーできた試合だった、ということ。動きの質自体は高く、大半の時間帯はボールを支配して、湘南もパスミスを繰り返していた。モノにすべきチャンスは無数にあった。それができなかったのはひとえに下手だから。組み立ての最初のパスからミスを繰り返し、動き出しとパスを出すタイミングがまったく合わなかったり、パスを受けられないポジションに選手がいることも多かった。フィニッシュに至ってもシュートはことごとく虚空に消える。明確に攻めようという姿勢があり、それを最後まで貫いたことは評価できるが、基本レベルからままならないのでは話にならない。技術の低さやコンビネーションは練習で克服するしかない。昇格したい、入れ替え戦圏内に入りたい、と思うのであれば、徹底的にやってほしい。現状の技術レベルではそんなのは笑い話にしか聞こえない。
 守備でも、一方的であった故に難しかったとは思うが集中を切らしたような場面が散見され、危ない場面の数はポゼッション率に大差があった割にはそう変わらなかったのではないか。特にこの数試合でも見られたように、前からのプレスがかからなくなった時間帯にアウトサイドの裏のスペースをロングボールで突かれてピンチを招くことが目立った。湘南が全体に引き気味だったので大事に至らなかったが、そこを徹底的に狙われたら決定機になりそうな場面は随分あった。最終ラインのコントロールやカバーリングなどを状況に応じて詰めておく必要があるだろう。

選手寸評
MF#8 砂川誠
 動きがワンパターンで、ボールに絡む回数も少なかった。タッチラインに張り付きすぎた故に後列の選手が上がってくるスペースも消してしまい、周囲を生かす意味でも失格。もっとダイアゴナルに走ってゴール前に飛び出す動きを期待されていたのではないだろうか。
MF#14 田畑昭宏
 毎度同じことを書きたくないのだが、守備での貢献は大きいが攻撃面ではダメ。判断が遅くパスミスを連発していた。課題がまったく克服されていない。それを求めること自体が間違っているのか。

|

« 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J1#27 千葉2-2横浜M@フクダ電子アリーナ »

Consadole2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/7272728

この記事へのトラックバック一覧です: 2005J2#36 湘南0-0札幌@平塚競技場:

« 第85回天皇杯3回戦 札幌0-2佐川急便東京SC@室蘭入江運動公園陸上競技場 | トップページ | 2005J1#27 千葉2-2横浜M@フクダ電子アリーナ »